Special Live Event Musik Dankfest特設サイト!

2015 9/27 (Sun)

16:00 open 17:00 start

Hirakata Shing Hall

about this live event

Shing Hall

Musik Dankfest -about this live event

Date : 2015927日(日)

Open : 16:00 / Start : 17:00

ticket fee : adv.2,500yen / door 3,000yen (ex.drink fee)

at : シャイングホール(枚方市樟葉)
大阪府枚方市町樟葉1-4-1
京阪電車「樟葉」駅より、徒歩3分
TEL:072-857-9911(3F Shing Hall)

http://www.office-shing.jp/hall/

CAST

出演アーティスト

Musik Dankfest…ドイツ語で「音楽感謝祭」という意味のイベントタイトル通り、幅広い音楽ジャンル、年齢層のアーティストたちが一同に集結。それぞれ個性的でバラエティ豊かなショーを繰り広げます。
各アーティストの詳細情報は右側のタブからご覧ください。

イトカムトビコ
増沢七帆(vo)、藤田欣也(g)、錦織道人(b)、松井規広(ds)

Ebony Eyes Excellent
田中 明(vo)、寺石浩樹(g)、清水道明(g)、岩城保夫(b)、角谷考宣部(ds)

port de voix
濱 哲哉(vo)、新田義浩(g)、福岡里美(kb)、大久保寿太郎(b)、堀江睦男(ds)

T.nova
TAKEHARU (vo)、もりもり(g)、福岡里美(kb)、渕上浩史(b)、堀江睦男(ds)

Emerald Aisles
三谷哲也(g)、千田忠彦(vo)、Hide (ds)、杉森俊幸(b)

今村大祐 ft. 小林未郁 +babywildcherry
Julian V Eriksson(gt)、浦山健太(b)、武蔵之坊米丸(g)、堀江睦男(ds)
Kei Takahata(kb)、ryo-ko(vo)、今村大祐(pf & vo)
伊藤まり(vo)、ひなせゆう(cho)、増沢七帆(cho)
小林未郁(special guest vocal)

小林未郁

小林未郁

アニメ「進撃の巨人」挿入歌、”Attack of the Titan”や現在NHKで放送中の朝ドラ「まれ」挿入歌などで知られるスーパーボーカリスト。その活動は日本にとどまらず、アメリカ、ヨーロッパなどワールドワイドにライブ活動を展開中。そんな現在売り出し中の大物アーティストであるにもかかわらず、何故か今村大祐と仲良くしていただき(?)今村のセカンドアルバムにもゲスト参加が実現。その縁で本イベントにもスペシャルゲストとして今村大祐のステージに出演します。圧巻の歌声にご期待ください!

http://miccabose.com

今村大祐

今村大祐

金沢出身。京都を中心に活躍中の超キワモノジャズピアニスト。
プロデューサーのKei Takahata (AQUA CUBE Recrods)との出会いをきっかけに2012年にファーストアルバム「ウシミツドキ」をリリース。その衝撃的なサウンドは、各方面で高い評価を得る。

現在、様々なミュージシャンとの共演を重ねるなか金色の怪しいスパンコールで身を包み独自の世界をつきすすむ。 自称『渋谷の見えない渋谷系』 『 可能を不可能にする男』(笑)

ただいま今村のジャズピアノとメタルサウンドを融合させたセカンドアルバム「おとな未来パビリオン」を制作中。

当イベントでは、健康上の理由で入院先の病院からレコーディング、リハに通うという満身創痍な状態ながら、レコーディングメンバーによるセカンドアルバム収録曲を披露する他、本人のソロおよびスペシャルゲストボーカル、小林未郁とのコラボによるピアノ弾き語りなど多彩なステージを展開する予定です。

http://www.daisuke-imamura.jp

babywildcherry RYOKO

babywildcherry

Voのryo-koが今村のセカンドアルバムに1曲、ゲストボーカルとして参加していることもあり、主要メンバーであるKei Takahata (kb)、ryo-ko (Vo)、堀江睦男 (Ds)が揃うこととなったため急遽、約7年ぶりに復活。健康上の理由でフルステージでの出演が困難となった今村大祐のステージの穴を埋めるべく(?)過去の代表曲の中から数曲を披露します。

julian

Julian V Eriksson

今村大祐、babywildcherryのステージで登場の若きスウェーデン人ギタリスト。今村のセカンドアルバムにギターでフル参加しています。当初、レコーディングのみの参加かと思われていたところにスウェーデンからの来日が決まり、このライブでの出演が叶いました。プレイのセンス、技術ともに才能溢れる、今後要注目のギタープレイヤーです!

三谷

Emerald Aisles

国内インディーズシーンを代表するPure Hard Rock,Heavy Metalギタリスト三谷哲也率いるエメラルド アイルス。

2015年、ゲストに千田忠彦(Vo)DEAD EYED SPIDER、杉森俊幸(Ba)Minstrelix、HIDE(Dr)Mars Brigadeという国内メタルシーンきっての強力な布陣で新たな活動を展開中。

歌心を重要視した楽器隊に千田のソウル、ブルースな歌唱が融合したそのスタイルは、忘れ去られたHM,HRの醍醐味を最も伝えるスタイルの一つで有る事は間違いない。杉森とHIDEの低重心のリズム、三谷の速弾きを中心としたメロディックかつダーティーなギター、そしてありえないほどのアグレッシブなステージは、ギターオリエンテッドなHR,HMの魅力を、バランス良く的確に表現するバンドとして現代において非常に貴重な存在である。

http://tetsuyamitani.ikaduchi.com

t-nova

T.nova

avex artist academy受講生、福岡武治、人生初のライブ。師匠のドラマー堀江睦男氏の歌いやすいドラムに感謝しながら、様々なバンドを支え続けて活躍中のベーシスト渕上浩史氏、才能と豊かな経験よりセンスが溢れるギタリストもりもり氏に支えられて、母親であるキーボディスト福岡里美との初共演を果たす。EXILE ATSUSHIの曲を中心に、R&Bの音楽をお楽しみください。

イトカムトビコななほ

イトカムトビコ

京都で活動中の4人組バンド。
とても表現力豊かなNanahoのボーカルが魅力的なポップロックバンド。2015年5月にAQUA CUBEのKei Takahataプロデュースの元に制作されたファーストデモCD-Rも好評を博しています。
メンバー全員20代前半という若さ溢れる演奏で、出演者平均年齢高めな当イベントに花を添えます!

Ebony Eyes Excellent

Ebony Eyes Excellent

京都の老舗ハードロックバンド、Ebony Eyesの流れを汲むバンド。
安定のツインリードギターと田中アキラ氏の圧倒的迫力のボーカルが魅力です。

http://www.eee-jp.com

port-de-voix

port de voix

心地良さ抜群のドラマー堀江睦男氏のドラムに、安定感あり心が弾むベテランのベーシスト大久保寿太郎氏のベース。力強く美しい歌声と姿を合わせ持った感動のヴォーカリスト濱哲哉氏。そして、夢と希望を弾く天才ギタリスト新田義浩氏のギターに、幻のキーボディスト福岡里美が奇跡を奏でる。今まで揃うことが無かった日本を代表するミュージシャン達が、ハードロックの名曲をお伝え致します。一夜限りの貴重なステージをお見逃しなく!

Special Offer

今村大祐セカンドアルバム「おとな未来パビリオン」
会場先行予約受け付け!

衝撃のデビュー作「ウシミツドキ」から3年、今村大祐、待望のセカンドアルバムが遂に完成!当イベントで一足先にご予約いただけます。当日、会場でアルバムをご予約いただいた方には、今村大祐&小林未郁による未発表曲「接吻カフェテリア」を収録した、この日限定の予約特典CD-Rをプレゼントいたします!

Julian V Erikssonのギターをはじめとする強力な演奏陣が生み出すヘヴィメタルなサウンドと今村のJazzyなピアノ、そしてコミカルなボーカルが織りなす斬新な音世界をぜひご体感ください。スペシャルゲスト、小林未郁の歌声にも要注目!

「おとな未来パビリオン / 今村大祐」 (ACR-1501 ¥2,000(税込)
丑三つ時 / パニック / スキンシップ / 鳩が逃げてるよ/ 滑走路のない星 他、計15曲収録予定

Musicians 
Piano & Vocal : 今村大祐
Vocal : ryo-ko、伊藤まり、初音ミク
Guitar : Julian V Eriksson、武蔵之坊米丸
Bass : 浦山健太
Drums : 堀江睦男
Keyboards : Kei Takahata
Special Guest Vocal : 小林未郁

Produced by Kei Takahata

 

Get in touch with us

sound creative studio AQUA CUBE

  • Address: 京都市北区紫竹東栗栖町16-3
  • Phone: 075-200-1919
  • Fax: 075-201-6594
  • Email:

イベントに関するお問い合わせ、チケットのお申し込みはAQUA CUBEまでご連絡ください。右側のフォームからもコンタクトいただけます。

sound creative studio AQUA CUBE
http://www.aqua-cube.jp/

Contact us

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。